グランマーチンゲール法の使い方について|オンラインカジノ必勝法

グランマーチンゲール法とは? カジノで負けて損失額が出ているときって、出来るだけ早く損失額を取り戻したいですよね。 損失額を出来るだけ早く取り戻す効果がある攻略法で一番多くのプレイヤーに使われていて、知名度が高いのはマーチンゲール法です。 マーチンゲール法は負けた時、前回ベットしていた金額の2倍をベットすることによって、勝ったとき一気に損失額を取り戻してくれる攻略法として知られています。 グランマーチンゲール法は、そのマーチンゲール法が変形してより攻撃的になった攻略法と言われています。 マーチンゲール法と同じで、負けた時前回ベットしていた金額の2倍をベットするんですが、そこに+αが追加されます。  +αは通常最初に賭けていた金額になるので、最初のベットが$1だっとしたら、αは1です。 例: 1回戦目: $1ベット ⇒ 負け 2回戦目: $3ベット(1の2倍$2+α=$3) ⇒ 負け 3回戦目: $7ベット(3の2倍$6+α=$7) ⇒ 負け 4回戦目: $15ベット(7の2倍$14+α=$15) ⇒ 負け 5回戦目: $31ベット(15の2倍$30+α=$31) ⇒ 負け 前回のベット額2倍プラス1と考えればより理解しやすいと思います。 グランマーチンゲール法が使えるゲームは2倍配当の バカラ・ブラックジャック・ルーレットの黒/赤・ルーレットの奇数・偶数・シックボーになります。  例: 回 ベット額 勝敗 […]

Read More →

ラッキーニッキー初回入金ボーナスについて|LuckyNiki

ラッキーニッキーの初回入金ボーナス|LuckyNiki 現在では、様々のオンラインカジノ会社が、新規登録されたプレイヤーのために「ウェルカムボーナス」や「初回入金ボーナス」を提供しています。 各オンラインカジノ会社により、ボーナスの内容は異なりますが、一般的の初回入金ボーナスは、入金後に入金額の100%がボーナスマネーとして与えられる内容です。 通常初回入金ボーナスと言えば、ボーナスマネー(ボーナスチップ)のみの提供となっておりますが、ラッキーニッキー(LuckyNiki)では他のオンラインカジノが提供しているボーナス内容と一味違うボーナスを提供しているんです。 ラッキーニッキーが提供しているボーナスは、最大$999のボーナスマネーまたは、最大1,998回のスーパーフリースピンとなっており、この2種類の内どちらのボーナスを獲得されたいか選べること、そして2種類のボーナスを両方選べることが特徴となっています! なので、例えば初回はボーナスマネーをもらってプレイしたい!という方は、初回だけ入金額100%の最大$333もえらえるボーナスを選び、2回目の入金から、スーパースピンのボーナスを選ぶことも可能ということです! かなり魅力的なウェルカムオファーだと思いませんか? それでは、各ボーナスの詳しい内容を以下紹介させていただきます! 最大$999ボーナスマネー|ラッキーニッキーボーナス 新規登録されたプレイヤーの初回の入金から3回目の入金が、このウェルカムオファーの対象となります。 各入金でもらえるボーナス額は、入金額の100%で最大$333です。 なので、初回から3回目の入金ですべて最大の$333のボーナスマネーを与えられた場合、最大$999のボーナスを獲得できることになります! 入金ボーナスの受け取り方は、2種類の方法があります。 1つ目は、ラッキーニッキー(LuckyNiki)にログインをされた後、日替わりボーナスのページから希望するボーナスをクリックして、そのページから直接入金をする事です。 日替わりボーナスのページから入金をされた場合、ボーナスは入金後、自動的にアカウントに反映される仕組みとなっております。 2つ目は、入金後手動で入金ボーナスを獲得する方法です。  ラッキーニッキーにログインされた後、画面左上に表示されている三本戦のアイコンをクリックします。 その後「キャッシャー」をクリックし、ボーナスをクリックすると、獲得可能なボーナスが表示されているページを確認することが出来ます。 そちらで、希望されるボーナスを選択して「獲得」をクリックすれば、アカウントに選択されたボーナス反映される仕組みになっています。 […]

Read More →

シックボーのルールと遊び方について |タイサイ・大小

シックボーとは? シックボー(タイサイ・大小)は主にアジアのランドカジノで人気があるテーブルゲームになっています。 オンラインカジノでもシックボーのゲームが提供されており、ライブカジノでシックボーを楽しむプレイヤーも非常に多いです。 シックボーは英語で「Sic bo」で、大小やタイサイとも呼ばれています。 カジノゲームは、カードや円盤を使ったゲームの種類が多いですが、シックボーはカードも円盤も使わない、「サイコロ」を使って遊ぶゲームになります。 使われるサイコロの数は3つとなり、ディーラー3つのサイコロを振って、出てきたサイコロの出目を当てることが、シックボーの基本ルールとなっています。 サイコロは、ディーラーの手の中でシャッフルされるのではなく、容器の中に入れて、シャッフルする時はディーラーがサイコロを見ることが出来ないようにサイコロがカバーされる容器が使われます。 そのため、イカサマの心配などもありません。 シックボーのルールと遊び方 シックボー(タイサイ・大小)のルールは、先ほど説明させていただいた通り、3つのサイコロの出目を予想して、賭けるという、とてもシンプルなルールになっています。 ルールはとても簡単ですが、ベット方法が沢山あります。 以下、各ベット方法を分かりやすく解説していきたいと思います。 上記の画像が、実際のシックボーのテーブルになります。 簡単なベット方法から解説します。 ①ナンバーベット 1つのサイコロの出目を当てるベット方法になり、当たれば2倍の配当を受け取ることが出来ます。 3つのサイコロの内、1つのサイコロの出目を予想して賭けるので、当たる確率は高くなります。 もし、3つのサイコロの内でベットした数字が2つ出たという場合には、3倍の配当を受け取り事ができ、3つ賭けた数字が出た場合は4倍の配当を受け取る事ができます。 […]

Read More →

IRの候補地について|統合型リゾート候補地

IRとは? IRとは、「Integrated Resort」の略で、カジノを含む総合型リゾートのことをいいます。 2016年に、日本でIR進法が成立したのは皆さんご存じだと思います。 現在候補地は、100%決まってはいません。 候補地が決まるのは2022年頃になると予定されているそうです。 いくつか候補地はございますが、正式な候補地と認定されるには、自治体が国に申請を行う必要があります。 申請した全ての候補地が正式な候補地となるのでは無く、正式な候補地に選ばれるのは、最大で3箇所のみとなっています。 また、申請の期間は2021年1月4日から2021年7月30日の間になっているそうです。 それでは、以下現在のIR候補地を紹介していきたいと思います。 カジノ候補地|神奈川県(横浜) 神奈川件では、横浜みなとみらいをIRの候補地としておりましたが、現在は山下公園に隣接する約47へクラールの埋め立て地・山下ふ頭が建設の候補地となったそうです。 横浜市長らの活動などにより、順調にIR誘致が進められてきております。 また、横浜には数多くの観光地、ホテル、アトラクション、レストランやショッピングセンターが揃っているため、IR候補地として最適と言われております。 横浜の雰囲気もシンガポールのMarina Bay Sandsに似ていたりする事で、海外の大手企業からも、日本初のIR候補地として非常に多くの注目を浴びています。 ただ、神奈川県内の有力者や住民からの反対が多いのが、問題となっています。 カジノ候補地|大阪(夢洲) […]

Read More →

デコメの公式サイト一覧

デコメールは無くてはならない物の一つだと思います。ですのでやはりたくさんのサイトを利用して様々なデコメールを入手しておくのがベストになりますね。 デコメの良さはサイトによって違いがあります。無料でも充実しているサイトもあれば、公式のホームページで変わった素材があるサイトなどいろいろ。 最近はクオリティ高いデコメールも配信しているサイトが増えてきています。ですので有料のサイトはそれなりに価値もありますので、まず先にサイトについて調べておきましょう。 公式サイトとかですと「ツール機能」があり何かしら楽しめる機能があるサイトが多いようです。楽しめる環境が整っているのは公式サイトになるかもしれませんね。 絵文字に関しては素材が似たような感じになっているかもしれないですが、絵文字もサイトによって違ったりするのでチェックしておこう。

Read More →

【 LIVA Z レビュー】4コアIntel Pentium N4200 搭載 ECS LIVA Zの性能を評価。N3350と比較・4K動画再生も検証。

2017年3月時点、ECS「LIVA Z」は2タイプが発売されています。Intel Pentium N4200 CPUを搭載したタイプと、Intel Celeron N3350 CPUを搭載したタイプです。それぞれWindows 10インストール済みモデルと、OS無しモデルが用意されています。つまり4製品発売されています。 検証結果(より詳しくは記事をお読みください) ・ECS LIVA Zは、N3350でもN4200でも4K動画をスムーズに再生できる ・4K再生中にN3350はCPUが100%になる。N4200は余裕がある。 ・リビングの4Kモニターで、4K動画を再生したら楽しいはず。 ・Windows 10インストール済みモデル 2製品 LIVAZ-4/32-W10(N4200) […]

Read More →

ECS LIVA Zのメモリ増設方法4GB→16GB(裏蓋の取り外し方)と、M.2 2242 SSD増設方法を紹介

新しいECS LIVA Zのメモリ増設方法を説明します。4GBから最大で16GBまでメモリ容量を拡張できます。裏蓋を外して、メモリを拡張するだけです。裏蓋を外し方にちょっとコツがあります。 増設に使用するメモリは、CORSAIR DDR3 SO-DIMM8GB×2枚キット CMSO16GX3M2C1600C11です。 CORSAIR DDR3 SO-DIMM メモリモジュール Value Select Series 8GB×2枚キット CMSO16GX3M2C1600C11 ストレージも増設可能です。拡張用にM.2 2242スロットがあります。M.2 2242規格のSSDを増設することで、容量を気にせず利用できます。M.2 […]

Read More →

小型ケースで組む時のツボ! ケーブルをまとめよう

こんにちは、ライター宮川です。今回は、前回からの続きのような、続いていないようなお話です。前回、冷却性能と騒音を、と予告しましたが、ちょっと脇に逸れて配線のことを書きたいと思います。 ・前回 ガッツリ組めるmicroATXケース「DS Cube Window」をチェック! ケーブル配線は思っている以上に大事 言うまでもないですが、ここで扱う「配線」とはケーブルをPCケース内のどこに通すかということです。小さめのPCケースでは、この配線が組み立ての際のポイントになります。うまく配線ができていないと、ケーブルでエアフローが妨げられて熱がこもりやすくなるうえ、ケーブルがファンに絡んでしまう、側面パネルが閉められないなど、トラブルの種になるためです。ATXケースではマザーボードの裏側のスペースにケーブルを回す、いわゆる「裏面配線」ができる場合が多いですね。小型ケースだと構造上それも難しい場合があり、小さくなるほど配線の重要度は高まっていくと言えます。 一口に配線と言ってもアプローチは色々ありまして、使うPCケースによっても有効な方法は変わってきます。今回は前回紹介した「AEROCCOLのDS Cube Window」をサンプルにして、基本的なケーブルのまとめ方を紹介しようと思います。DS Cube Windowは、一般的なATXケースと比べると小さく、内部構造も独特です。内部スペースにはあまり余裕がないので工夫のしがいがあります。 (個人的に)ビニールタイが最強 最初に、配線に使う小道具を紹介しましょう。道具を使わないやり方もありますが、使った方が簡単ですし、仕上がりもきれいにしやすいです。個人的なお勧めは100円ショップの園芸用コーナーなどで売っているビニールタイ。針金をビニールの皮膜で覆っているものですね。基本的にこれさえあればOKです。1個で数十メートルあるので、コストパフォーマンスが高いのもいいですね。結束バンドでもいいのですが、好きな長さで使える、外しやすい、劣化しにくいなどメリットが多いのでこちらの方が好みです。価格の高いものだと皮膜が丈夫なので一度締めてからほどいても問題ない場合が多いのですが、安物だとすぐに破れてしまうので注意が必要です。金属部分が露出していると怪我をしたり、基板に当たってショートしてしまうなど事故の恐れがあります。もったいないと思わず、すぐに交換しましょう。 他にもスパイラルチューブや粘着シートで取り付けるフックなど、100円ショップやホームセンターには配線まとめに便利なアイテムがたくさんあります。そういう視点でお店を回るのも面白いですね。 さて、具体的にケーブルをまとめる話に移りましょう。基本は「折りたたむ、縛る、固定する」です。まずケーブルの数が多くて一番困りやすい電源ユニットを見てみます。比較的やりやすいのが、全く使わなかったケーブルの処理です。 端子を1個も使わないケーブルが出ることもあるでしょう。そのままでは邪魔になってしまいます。 元から付いている折り癖に沿ってたたみ、ビニールタイでまとめます。これでも十分ですが、癖のついたケーブルだと先が開いてしまいます。 3カ所で留めると先が開くこともなく、きれいになります。ただし外す時や、再度まとめる時に面倒になります。 […]

Read More →

ガッツリ組めるmicroATXケース「DS Cube Window」をチェック!

こんにちは、ライター宮川です。 PCを自作する時、一番楽しいのはプランを練っている時ですよね。予算が限られている場合、譲れないのはどこか、逆にどのパーツは妥協していいのか、あれこれ悩むのはとても楽しいものです。 考えているうちに、だんだん優先度が落ちてしまいがちなのがPCケースです。安物を使っても性能に影響しないですからね。でも本当にそれでいいのか、というのが今回のテーマです。 PCケースはとにかく種類が沢山あり、一つを選ぶのは案外大変です。候補を絞っていくには何かしらの条件を設ける必要があります。このやり方には4種類あると私は考えています。人気、価格、外見、用途、の4パターンです。 1.人気で選ぶ これはある意味最も正しい選択です。指針が無い場合はショップで店員さんに売れ筋を聞きましょう。売れ筋は多くの人に合うようにできているので、後悔しにくいのです。例えば、2011年に発売したCorsairの「Obsidian 400R(CC9011011-WW)」があります。外に膨らんだ側面パネルのおかげで裏面配線がとてもしやすいのが特徴です。 2.価格で選ぶ 予算上の制限で選択肢が狭くなっている状態です。その中から選べばいいので考えることは少なくて済みます。下限まで下げれば2000円程度で買えますが、もちろん品質はそれなりになります。細かいことを気にしないならこれでもOKです。2012年に発売した「2GFP55R」(GIGAZONE)のように、電源付きケースを選ぶのも有りです。2GFP55Rは7000円前後で買えたので、半分をケース代と考えれば3500円と激安でした。 3.外見で選ぶ 拡張性や剛性、冷却性能といったスペックではなく、見た目が良いかで決める選び方です。PCを使うたびに見ることになるものですので、見た目はかなり重要です。理屈ではないのであまり語ることは無いのですが、使うパーツが収まることだけは確認しましょう。個性的な外見と言えば、Corsairの「Air 540」もスゴイですね。見た目に反して驚くほど組みやすく、ATXマザーの入るキューブケースというニッチなジャンルにも関わらず人気モデルです。 4.用途で選ぶ 自作派ならやはりこれですね。ベイの種類や数、収められるCPUクーラーの大きさや拡張ボードの長さ、ケース自体の大きさなどを考慮して決めます。設置スペースや使用するドライブの数、長さ何cmのグラフィックスカードを使うといった具体的な条件があれば絞り込みやすくなります。これでなければダメ、というような決定的な要素があるとなお良いですね。例えば、PC本体を置く場所が無いなら液晶モニタの裏に取り付けられるAntecの「ISK-110 VESA」、というようにすんなりと決められます。 ただ、一つの条件で最後まで絞るのは現実的ではありません。いくつかの要因を組み合わせて決めることになります。個人的には、PCの上に物を置くので、上面が平らであることが条件になります。 ATXは必要? 皆さんご存知のように、自作PCはATXが主流です。Mini-ITXもここ数年で人気が急上昇しています。割を食っているのはmicroATXです。もともとmicroATXはあまり人気がありません。理由はいくつかありますが、PCケースがATXと比べてあまり小さくならないのが主な原因かと思います。マザーボードの分高さを5cm程度低くできる以外に、構成する要素にATXとの違いが無いからです。拡張性が欲しいならATX、小型化したいならMini-ITXを選ぶので、microATXを選ぶ理由が無い。そのためか、microATXケースはそもそも製品の種類が少ないのです。 ですが、個人的にはmicroATXはそろそろ見直されてもいいのではないかと思います。と言うのも、最近のマザーボードはどんどん多機能になっており、また周辺機器はUSBに集約されているため、グラフィックスカード以外に拡張ボードを使う機会が激減しているためです。ATXの拡張性が必要な場面の方がレアケースになっているのではないでしょうか。15年前ならグラフィックやサウンド機能、LANも無いマザーボードも多かったですが、今はだいたいオンボードで備えています。Mini-ITXは小さ過ぎて基板レイアウトが独特になりますし、ケースのベイの数が少なかったりとニーズに合わない場合もあります。必要十分な仕様としてmicroATXは活躍できると思うのです。 […]

Read More →

PC自作欲を刺激してやまないMicro-ATXケース Aerocool DS Cube Window 登場

物欲を刺激してやまないAerocool DS Cube Windowは、デザインは元より、搭載するファン/水冷/VGA/ドライブ構成を柔軟に搭載できます。久々に自作を堪能できる楽しすぎるケースです。カラーもバブルのように豪華6色展開です。 DS CUBEは、水冷や大型のVGAを搭載できる拡張性を備えたMicro-ATXケースです。幅265mm、奥行381mm、高さ411mmです。サイドパネルには、270mm×155mmのアクリルウィンドウが採用されています。 各方向から画像を見てみましょう。まず正面です。 斜上 上 メッシュに交換 ななめ後 内部 ケースのプラスチック部分には、さわり心地が滑らかな「leather Coating」が施されています。しっとりした質感があります。 フロントポートは、ケース上部に設置されています。電源、リセット、オーディオイン・アウト、USB3.0×2、USB2.0×2です。 ケース下部は、ゴム足に加えてアーチ型になってます。スタイリッシュなデザインと共に、ケース下部からの吸気も良さそうです。 トップパネルを交換することができます。静音性を重視する場合は遮音パネルを、冷却性を重視する場合はメッシュパネルに変更できます。メッシュタイプもカッコいいですね。静音性と冷却性のどちらの方向性を選択できるのは嬉しいです。 フロントのかっこいいエアーインテークは静音性を考慮して、縁に細かいスリットが入っています。フロントからのノイズ漏れを抑えます。 標準でフロントに200mmファン、リアに120mmファンを搭載しています。500RPMと900RPMと静音ファンです。ファンによる冷却が足りないと感じた時に交換や増設できます。無駄がありません。 […]

Read More →